佐賀糖尿病療養指導士会

佐賀闘病病療養指導士会 佐賀闘病病療養指導士会

社会活動

HOME > 社会活動

社会活動単位(2020年5月31日更新)

認定基準

1.社会活動内容は、糖尿病患者あるいは一般市民に対して糖尿病予防や療養指導に関する内容を主とする(注5)

2.社会活動認定の対象は、糖尿病療養指導士の資格を有した者とする

3.活動する糖尿病療養指導士は、原則として公募とする

単位数

※横にスクロールして、確認できます。

社会活動 要件 単位数
ウォークラリー 総括担当者 5単位
当日参加に加え1回以上下見に参加 3単位
当日のみ参加 2単位
世界糖尿病デー 総括担当者 5単位
当日参加に加え1回以上打合せに参加 3単位
当日のみ参加 2単位
サマーキャンプ 企画+全過程参加 5単位
2日以上、または1日のみの参加だが2回以上の学習会参加 3単位
1日参加で1回以下の学習会参加 2単位
友の会活動(佐賀県糖尿病協会活動) 2単位
行政等からCDE会へ派遣依頼のあった地域活動 公募による勤務外の活動 2単位

1.日本糖尿病協会佐賀県支部が主催する健康アクション佐賀21糖尿病ウォークラリー、日本糖尿病協会の主催する社会活動(糖尿病週間行事、ウォークラリー、サマーキャンプ、ヤングカンファレンス等)の単位については、活動内容に応じて佐賀県糖尿病療養指導士会が決定する

2.日本糖尿病協会の分会活動(友の会活動)は2単位とする

3.1~3以外の社会活動については、佐賀糖尿病療養指導士会で決定する(注7)

(注5)営利企業単独で主催する行事は認定対象外とし、製薬メーカー等営利企業の担当者単独で申請者となることはできない。

(注6)佐賀県糖尿病療養指導士認定委員や佐賀糖尿病療養指導士会理事の活動(それに準ずる活動への参加を含む)の証明書をもって社会活動1単位/年に置き換えることができる。
但し、初回更新1単位、その後は2単位以内とする。

(注7)自然災害等によって活動中止となった場合の社会活動を含む。

社会活動単位申請手続き

  • すべての社会活動は、佐賀糖尿病療養指導士会会員が予め「社会活動計画書(CDE公募用)もしくは(友の会活動用)」を佐賀糖尿病療養指導士会事務局に申請し、佐賀糖尿病療養指導士会会長より単位認定を受けることとする。
  • 申請期限は開催日1か月前必着とする。提出後の内容や実質時間の訂正、追加提出等は認められない。
  • 友の会長もしくは佐賀糖尿病療養指導士会会長の名で単位証を交付する。非会員は1単位を併記する。なお、活動終了日以降の認定単位証の再交付は認めない。
  • 活動終了後、申請者は社会活動報告書、単位発行の名簿、余った単位証を下記の佐賀糖尿病療養指導士会事務局へ提出する。

佐賀糖尿病療養指導士会

〒849-8501 佐賀市鍋島5-1-1(佐賀大学医学部看護学科)

電話:0952-34-2546 (平日9時~16時)

FAX:0952-34-2546

ページTOP